シワの予防とケア

セルフケア


シワの予防とケア

セルフケア ←|→ たるみのケア


以下の予防とケアは自宅でおこなうのが基本です。


◆ 正しく上手に洗顔 


 入浴時の洗顔はシャンプー後に鏡を見ながら行う。


強い洗浄力を持つシャンプーやリンスが額や髪の生え際に残ってしまうと肌を刺激します。


洗顔やシャンプーで大切なのはすすぎ残しを作らない事です。シャンプー後に鏡を見ながらシャンプーやリンスが顔に残っていないか確認しながら丁寧に洗顔します。


さらにこだわるなら、この洗顔はお風呂から上がって、洗面台の鏡の前でおこなうのが一番。

お風呂場の鏡は小さかったり曇っていたりして顔全体が見えません。


洗面台の鏡なら大きくて曇りもない筈です。


 お湯の温度は30〜32度のぬるま湯がベスト


ぬるま湯は石鹸の泡立ちを良くし洗浄力を高めます。

しかし大抵の人が感じているぬるま湯は実は洗顔には高すぎる温度です。


夏だとかなりぬるく感じます。また冬だと冷たくない程度の温度です。


       

◆ 寝るべき時間は寝る 


これは何事にも通じるものがあります。


質の良い睡眠は肌の疲れやダメージを回復し、細胞の新陳代謝を促します。



◆ 保湿 


加齢によって肌の乾燥が慢性化すると、お風呂上りには消えてくれた乾燥じわもやがて固定化します。


化粧水で水分を補給したら、必ず乳液やクリーム、美容液など油分を付けて水分を閉じ込めます。

また化粧水をたっぷりコットンにしみ込ませた化粧水パックも保湿効果抜群です。



◆ 徹底的にUVカット 


日焼け止めはSPF10以上でUVA効果もあるものが最適です。



◆ お奨めの高機能コスメ 


これに関しては、やはり美容外科の方に軍配が上がります。

美容外科の得意分野です。


 化粧品:市販されています。


抗酸化作用のあるプラチナ・ナノジェル、パルミニン酸レチノール、酢酸レチノールを配合したもの。

加齢肌のシワの場合には美容液の後にクリームを塗る。これで、より美肌効果が高くなります。


気になる点は、この手のケアクリームが表皮を通り越して真皮まで到達するかどうか。

真皮まで行かないと美肌効果は無く、お金を捨てるだけ。


分子量が小さければ真皮まで到達し、さらにその下の皮下組織にも到達するので美肌効果も大丈夫。

またクリームは高濃度であり、その前に塗った美容液の浸透も高める作用が有ります。


美容液 ⇒ クリームの順に塗れば、浅くなります。


 ドクターズコスメ:市販されています。


抗酸化作用のあるCOQ10クリーム、レチノイン酸入りクリーム。