ニキビ・ニキビ痕の予防とケア

セルフケア


ニキビ・ニキビ痕の予防とケア

クスミ・クマ ←|→ あから顔


◆ 正しい洗顔 


大人のニキビ

毛穴に汚れを残さない、貯めさせない為にもどんなに疲れて帰宅しても

1日の終わりには必ず洗顔します。


なるべくファンデーションと同じメーカーのクレンジングクリームを使い

クレンジングをウォッシングのダブル洗顔にします。


メイク落しと洗顔が同時に出来るタイプはお奨め出来ません。


フルーツ酸(AHA)入の石鹸で顎下のファンデーションも忘れずに洗い落すと良いです。


ニキビが出来易い肌はオイリー肌ですがベタ付き易いからと言って1日何回も洗顔するのはNGです。

朝晩2回で充分です。


洗顔で皮脂膜は落ちると、皮脂膜を補おうとする作用が働き逆に皮脂分泌を過剰にします。

顔のテカリが気になる様でしたら油とり紙で拭き取ります。



◆ メイクとメイク用品 


ファンデーションは毛穴を詰まらせるので、ニキビが治るまでは我慢。


その代わりに目元やリップなどのポイントメイクを楽しみます。


どうしてもファンデーションを使う場面では、ニキビ用の低刺激のものを使います。


保湿力・カバー力も低いですが、肌への負担は格段に軽減します。


日焼け止めはクリームタイプのものは止めて、サラっとしたローションタイプにします。

ニキビの人は隠すメイクをしがちですが、ファンデーションを厚く塗ると毛穴を塞いでコメドが出来やすくなります。


皮脂が多いので時間が経つと化粧くずれも起こし易くなります。


対策はニキビを目立たせないメイクです。

ニキビの赤みが目立つので、健康な肌色より黄色めのファンデーションを選びます。


そして部分的に赤い部分にトントンと叩く様に付けます。

これで赤みの補正が出来ます。



◆ 食事のポイント 


 ビタミンを多く含む黄緑色野菜をバランスよく摂る。

 亜鉛が欠乏するとニキビが悪化するので亜鉛を含む食品を意識的に摂ります。

  牡蠣、肉類、小麦胚芽

ニキビを潰さない

 揚げ物を控えて全体的にカロリーを抑える。

 お菓子を沢山食べない。



◆ 日常生活の3大ポイント 


 睡眠はキチンと摂る

 規則正しい食事。夜遅くには食べない

 ニキビを潰さない、触り過ぎない、顔を洗い過ぎない


◆ ドクターズコスメ:市販されています 


 ビタミンC誘導体ローローション

 グリコール酸含有ローション

 フルーツ酸石鹸

 レチノイン酸配合クリーム