顔マッサージ

セルフケア


顔マッサージの方法

手あれ(主婦湿疹) ←|


必ず化粧水を付けた後に行います。

マッサージクリームを置く場所はクリームの使い方と同じです。


マッサージクリームには拭き取るタイプと馴染ませるタイプの2タイプが有るので説明書を良く読み、ケチらずに説明書の量の通りに使います。


       顔マッサージ

◆ 頬 


額の中央から引き上げる様に螺旋を描いて、最後にコメカミを押します。



◆ 鼻 


側面を伸ばす様に下に向って指をすり下ろして行きます。小鼻の周りはやや力を入れて皮脂の詰まりを防ぎます。


       頬マッサージ

◆ 口と両頬 


口角の脇から耳に向って、螺旋を描きながら皮膚を引き上げる様にマッサージします。少しずつ上にずらして螺旋を描きます。



◆ 目の周り 


眉の内側の下の窪みをまず押します。


目尻から目の下のの内側に向って円を描くように滑らします。

目の内眼角から眉の下、こめかみ、頬に向って指を動かします。最後にコメカミを押します。


       口と両頬、目の周り

◆ 首から耳 


手の平にマッサージクリームを出して、首元から上に向って手の平全体を使ってすり上げて行きます。


◆ 耳 


親指と人指し指で耳たぶを挟んで、耳を広げるように引っ張ります。


       首から耳