皮脂欠乏湿疹のケア

セルフケア


皮脂欠乏湿疹のケア

踵(かかと)のケア ←|→ 手あれ(主婦湿疹)


皮脂欠乏湿疹は脚のスネ、肩、腰、腕に良く見られます。


皮脂欠乏湿疹

皮膚が乾燥して、細かいフケのような粉が吹いた状態になります。


悪化すると皮膚は赤くなり細かい亀裂が出来てカユミとヒリヒリが生じます。


赤い斑状の紅斑がたくさん出来てきて体が温まると特に痒くなります。


加齢と共に皮脂腺の大きさが減少して脂の量が減り、皮膚の水分量も減ります。


そのため、皮膚が乾燥してバリア機能が低下するために起こる湿疹です。


ただ、皮膚の乾燥は加齢によるものだけで無く若い人にもこの様な現象は見られます。


これは若い人の清潔好きが災いしています。

入浴時のナイロンタオルや垢コスリの使い過ぎが原因です。


乾燥した皮膚は刺激に弱くなり、汗や衣服の刺激で湿疹が悪化します。

特に冬は重ね着をするので、静電気が起こりその刺激のために、さらに湿疹が悪化します。


◆ 毎日の生活の中で注意すると症状は改善します。 


 保湿剤をつけて乾燥を防ぐ


 お風呂でのコスリ過ぎを止める


 硫黄の温泉や硫黄入りの入浴剤は止める


 皮脂をとりすぎないやさしい固形石けんを使う。液体石鹸は界面活性剤が多いので刺激になる


 下着は綿製のものを着用


 電気毛布は寝る前に電源を切って夜中の皮膚乾燥を防ぐ


 保湿剤で改善しない場合はステロイド外用剤を使用し、カユミがある様なら抗ヒスタミン剤を外用する