美容外科のフェイスリフト整形

比較ランキング

施術法


美容外科で主流のフェイスリフト施術法

フェイスライン ←|→ バスト




フェイスリフト

頬やアゴ、首、コメカミのシワ取り・タルミ除去術を「フェイスリフト」と言います。

最近の美容外科でかなり一般的になってきました。理由は痛みや傷跡、後遺症の不安が無い事です。


40代以降の女性の間で増加傾向にあります。口こみの影響が大きいです。



◆ 手術による整形 


脂肪・筋肉・皮膚の一部を切除してタルミやダブツキを調整する方法です。

傷は目立たなく腫れも無く安全に出来ます。



◆ ワイヤーホールド法 


美容外科では一番多くやられている方法です。


タルミが気になりそうな部位に極めて細い糸を何本か埋没させてタルミを改善したり遅らせる新発想の整形法です。


糸に沢山の突起(フェザー)が付いていて組織に引っかかり、ホールドします。

さらに、糸を埋め込むと、周囲にコラーゲンのトンネルが形成されて、肌のハリや艶が改善します。


この場合の糸は「溶ける糸」「溶けない糸」「金の糸」が主に使われます。


最近の流行は「金の糸」で文字通り純金の糸を使用します。金は王水にしか反応しない為人体には極めて安全な物質です。


また金には皮膚の自己再生能力を高める作用があります。


「金の糸」は人気と効果が高く、美容外科で最主流の方法です。



◆ 注入法 


シワやタルミが気になる部分にヒアルロン酸やボトックスを注入する方法です。


これも昔から美容外科で人気の施術です。


ヒアルロン酸は元々肌に豊富にある物質なので、アレルギー反応が起こらない事で人気が有り安全です。

ヒアルロン酸の分子サイズは小から大まで色々ある為、タルミやシワの程度で使い分けが出来ます。


さらに皮膚の浅い部分(角質層や真皮層)にも注入できるメリットが有ります。


ボトックスは筋肉の力を弱めることで、出来てしまったタルミ・シワの改善と、これから出来るタルミ・シワの予防が可能です。


額の横ジワ・眉間の縦ジワ・目尻のシワ・口周囲の縦ジワに有効です。


但し、ヒアルロン酸もボトックスもやがて体に吸収される為、定期的な注入が必要になります。