美容外科で行われるレーザー治療

比較ランキング

施術法


美容外科で主流のレーザー治療

スキンケア ←|→ フォトフェイシャル




レーザー治療

皮膚治療用のレーザーは元々イボやアザの蒸散などに使われてきましたが、今は皮膚疾患以外のシワ、タルミ、シミ、ニキビなどの分野でも使われています。


レーザー治療では固有の波長を持つレーザーの特性を生かし、選択的に治療部位のターゲットに熱エネルギーを与えることで治療します。


例えばアザやシミなどに対しては、周囲の健康な組織を傷つけること無く、ターゲット部分だけに熱エネルギーを与えることによって治療します。


また、シワ、タルミの改善には、皮膚の真皮層にエネルギーを与えて繊維芽細胞を活性化させてコラーゲンやエラスチンの産生を促すことで治療します。


レーザー治療機器は、機器によって、波長・パルス幅・出力エネルギーなどが異なります。


波長の違い(パルス幅)によって水、ヘモグロビン、メラニン色素、コラーゲンなど反応する皮膚の部位が異なります。


また、アンチエイジング治療において、シワ・タルミとシミなど複数の効果を得るために、単一波長のレーザーだけで無く複数の波長を交互に照射できるタイプの機器も開発されています。


レーザーの種類: 適応
炭酸ガスレーザー: ホクロ、脂漏性角化症
エルビウムヤグレーザー: 傷跡の凹凸、小じわ、脂漏性角化症
パルス色素レーザー: 赤アザ、酒さ、肉割れ、妊娠線
ルビーレーザー: 青アザ、茶アザ、タトゥー除去
ロングパルスヤグレーザー: 静脈瘤、小じわ、タルミ
アレキサンドライトレーザー
半導体レーザー
: 永久脱毛、小じわ、毛穴
ラジオ波、遠赤外線: タルミ、毛穴