二重まぶたの施術法

比較ランキング

施術法


美容外科で行なってる二重まぶたの施術

ランキング ←|→ 鼻の整形




二重まぶた

上まマブタの縁には、瞼板(けんばん)と呼ばれる組織があります。
また瞼板には挙筋と呼ばれるマブタを引き上げて目を開けるための筋肉がついています。

二重マブタの人
挙筋と挙筋の腱膜とまマブタ皮膚がくっついているために、マブタを持ち上げるために挙筋が収縮した時に皮膚が引っ張られてラインが入ります。これが二重。

一重マブタの人
挙筋腱膜とマブタの皮膚がくっついていないため、目を開けてもラインが入りません。

◆ 埋没法 

二重まぶたの施術 メスを使わず、髪の毛よりも細い特殊な糸を埋没させて二重まぶたを作る手術方法

美容外科で主流の方式です。

まぶたに通す糸の本数によって1点留め、2点留め等と呼びます。
(1点留め⇒1本、2点留め⇒2本)
美容外科では2点留めが基本になっています。

所要時間:10〜15分
メリット : 皮膚に一切傷がつかない。メスを使用しないため自然な仕上がり
メリット : 腫れや痛みが少ない
メリット : 安い
デメリット: 一重まぶたに戻る場合がある
デメリット: まぶたの腫れまでは取れない

◆ 切開法 

上まぶたの皮膚を二重のラインに沿って切開する方法

希望する二重のラインに沿って皮膚を切開していきます。
さらにその切開部分から余分な組織や眼輪筋などを切除し傷跡が目立たないようきれいに縫合することで、縫った部分が二重のラインとなります。

所要時間:30分程度
メリット : 決して元に戻らない
メリット : 二重がクッキリ出来上がる
メリット : まぶたが厚く腫れぼったい方でも二重に可能
デメリット: 元に戻せない(戻したくないから切開するのだが・・)
デメリット: 術後の腫れが強い(1,2週間)

◆ 部分切開法 

切開法の1バージョン。内容的には切開法とほぼ同じ。
二重にするライン上の皮膚を数ミリ程度切開し、余分な組織を除去します。

全切開法より傷跡が軽く、糸で留めるだけの埋没法よりも安定性があり長持ちする治療法
所要時間:30分程度