フェイスライン美容整形法

比較ランキング

施術法


フェイスラインの美容整形法

鼻の整形 ←|→ フェイスリフト




フェイスラインの整形

現代は小顔ブーム。今の若い方達は昔の人に比べて小顔になった気がします。
世間に小顔が増えてくると、それにつれて「顔が大きいのが気になる」と言う心理が働きます。

この悩みに応えるのが美容外科で行なっているフェイスライン(輪郭)整形です。
主な部位はエラ、頬骨、顎、上顎(出っ歯)、下顎(受け口)、額、コメカミ。


◆ エラの整形術 

骨が原因の場合は骨を削ります。これが美容外科では一般的です。
筋肉が原因の場合はボトックス注入法(後述)でエラの筋肉である咬筋の働きを弱めて萎えさせて
フェイスラインをスッキリとさせる方法が有ります。

この方法のメリットは安価・腫れない・手術直後から洗顔やメイクが可能な点。
デメリットは永久的では無い点。やがて薬の効果は切れます。


◆ 顎の整形・頬骨の整形 

頬骨を削る方法が美容外科で一般的。
人によっては頬骨を目立せなくするプロテーゼ挿入や脂肪注入なども有ります。


◆ 顎の整形 

アゴラインは顔の印象を決める重要なパーツです。
従って人によりケースバイケースになる事が一般的です。

・長い顎(あご)を短くしたい方
・面長の顔を治したい方
・顎(あご)を引っ込めたい方
・顎(あご)を出したい方


など希望により、削る・足す・プロテーゼ挿入などが美容外科で行われます。


◆ 上顎(出っ歯)の整形 

出っ歯の整形治療は、上顎分節骨切り術が一般的です。
さらに上の左右第1小臼歯を抜歯し根元の骨も取り除き、空いたスペースを利用して前歯6本を後退させチタンプレートなどで固定して、下顎の歯に噛み合わせます。

通常の歯列矯正では2〜3年要しますが、整形の最大メリットは短時間で可能な点。


◆ 下顎(受け口)の整形 

咬んだ時に、上の前歯より下の前歯が突出している状態を反対咬合と言います。
美容外科での一般的な治療法は下顎分節骨切りです。

左右の第1小臼歯を抜歯し、根元の骨も取り除き、空いたスペースを利用して前歯6本を後退させチタンプレートで固定します。
通常の歯列矯正では2〜3年要しますが、整形の最大メリットは短時間で可能な点。


◆ 額の整形 

扁平な額をまろやなか曲面額にして立体感の顔にするのが額の整形。
美容外科では一般的には薬品を使用します。


◆ コメカミの整形 

こけて更けた印象を与えるコメカミの窪みを元通りにする方法。
美容外科では一般的にはシリコン・プレートを挿入する方法を行なっています。
顔に窪みがなくなり、若い印象を与えます。