美容外科でシミのお奨め治療

美容医療について


美容外科で行うシミのお奨め治療

タルミやシミ原因 ←|→ 敏感肌ピーリング


シミ治療

シミの中で最も厄介なのが肝斑です。美容外科でも良い治療法は長く存在しませんでしたがメラフェードと言う医薬品の登場により一変しました。


特に高齢者で皮膚が薄い局所型のシミに対して大きな効果があります。


医薬品である為、美容外科などの医師にのみ処方が許されているものです。


また、皮剥け・赤み・乾燥もコントロールできます。


メラフェードの反応には個人差がある為、医師との相談が重要な医薬品です。


具体的には、トレチノインとハイドロキノンの両方を含みニキビにも効果があります。


トレチノインは表皮の細胞を分裂・増殖させ、皮膚の再生を早める成分で、ハイドロキノンは美白剤です。


メラフェードが登場するまでは、トレチノインとハイドロキノンは軟膏で個別のチューブに入っているため塗るのが面倒で、また軟膏のため化粧載りも良く無い面倒臭さが有りました。


さらにメラフェードの特長に皮脂の分泌を抑制する機能があり、ニキビや肌のテカリを予防する事ができます。また、コラーゲンやヒアルロン酸の分泌を促進し、厚みと弾力のある肌へと導きく作用もあります。


注意点は薬の反応にかなり個人差がある事で、細かい濃度調節が必要となります。


濃度が濃いと以下の様な症状が出る為、症状が出たら美容外科で良く相談する必要があります。


 皮膚が赤くなり、表皮がボロボロと向けてメイクの載りが悪くなる


 効率良くシミを除去する場合はある程度の濃度維持が必要で皮膚の赤みが目立つ事がある


 広範囲のシミに使用した場合、顔全体が赤くなり、日常生活に支障を来たす事がある。


 肝斑の場合には数ヶ月程度の期間が必要です。


 ハイドロキノンは稀にアレルギー反応を起こす事があります