美容外科で扱う顔シワ

美容医療について


美容外科で扱う顔シワ、そのの原因

アンチエイジング医療 ←|→ タルミやシミ原因


顔シワの原因

顔シワには表情ジワと固定ジワの2種類があります。


表情ジワ:顔の表情筋の動きによって出来るシワ

固定ジワ:表情を作らなくても出来てしまうシワ



◆ 表情ジワ 


皮膚が若く健康な時はシワが出来ても新陳代謝とコラーゲンやエラスチンの弾力で元通りの張りを取戻します。


老化すると、シワは厚く硬くなった角質層に刻み込まれて行きます。


20歳代半ばを過ぎるとこの現象が起こる為、シワを深く感じます。これが表情ジワです。



◆ 固定ジワ 


次に老化によってコラーゲンやエラスチンの弾力が失われると、皮膚表面に出来たシワが次第に深く大きくなって行きます。


これまで表情を作る時だけに出来ていたシワが表情を作らなくても刻み込まれるのがこの状態で、これが固定ジワです。


その為、シワの治療には、新陳代謝を盛んにして古い角質層を除去して、新しく整えると共にコラーゲンやエラスチンの生成を促すことが必要となります。



◆ シワの発生部位と原因 


部位主な症状発生年齢原因
目の下のシワ20歳〜コラーゲンの生成力が弱まり、張りが無くなった目元が乾燥・血行不良を起こす

烏の足跡30歳〜何度も同じ動作を繰り返すことで、皮下組織が皮膚を元に戻せなくなる

口元ほうれい線25歳〜皮下組織と筋肉が支え切れなくなって緩む

口元唇と鼻の間45歳〜コラーゲン繊維の減少。歯肉が痩せる

口元口角から顎45歳〜コラーゲン繊維の減少。歯肉が痩せる

口元唇の縦ジワ全年齢皮脂腺が無い為、乾燥に弱い

小ジワ20歳〜皮脂腺機能が低下して保湿機能が損なわれる<

眉間眉間ジワ25歳〜何度も同じ動作を繰り返すことで、皮下組織が皮膚を元に戻せなくなる

額のシワ全年齢何度も同じ動作を繰り返すことで、皮下組織が皮膚を元に戻せなくなる。目の機能低下で目が開けズラク額に力が入る

首のシワ全年齢コラーゲン減少、首の後ろの筋肉の衰え

美容外科ででは、これらを見極めてから適切な処置をしています。