美容外科で主流の「金の糸」の長所

美容医療について


美容外科で主流の「金の糸」には長所が多い

敏感肌ピーリング ←|


◆ フェイスリフトと言えば「金の糸」と言われる程に美容外科で流行っています。 


金の糸

その理由は自己再生能力を向上させる治療法だからです。


美容外科では「溶ける糸」「溶けない糸」によるリフトアップもありますが、「金の糸」は糸で引き上げると言う施術とは一線を画するものになります。


美容外科では金の糸を皮膚の真皮層や皮下組織に埋め込む方法が採られます。


金の糸を真皮層や皮下組織に通すと、異物である事に変りが無いため、マクロファージを運ぶための毛細血管が糸の周りに形成されます。


マクロファージがやって来ると繊維芽細胞が活性化され、コラーゲン・エラスチンが増殖します。


また、毛細血管から酸素が供給される為、繊維芽細胞からさらにコラーゲン・エラスチンの増殖が促進されます。


つまり自己増殖のサイクルが構成されます。


また、マクロファージは正常なメラニンは当然攻撃しませんが、シミの原因である死んだメラニンは異物と見なして取り除く働きもあり、リフトアップ以外にも美白効果も同時に得られます。


この一連の働きで安全で効果の高いリフトアップや美白が可能となる点が美容外科で流行っている理由です。