美容外科のアンチエイジング療法

美容医療について


美容外科のアンチエイジング医療

普遍的な美の基準 ←|→ 顔シワの原因


アンチエイジング医療

アンチエイジング医療は文字通り「抗老化医療」「抗加齢医療」の意味です。


最近では美容外科での需要が高くなって来ています。


年齢相応かそれ以下に見えるようにする事を目的とした医療です。


老化は残念ながら誰にも必ず訪れるものですが、個人差が大きく、人それぞれに老化度が異なり、年齢が増す程、個人差が大きくなります。


アンチエイジング医療はこの老化度を小さくする事を目的としているとも言えます。



◆ 老化予防 


20歳代でも老化度に個人差が有りますが、30代、40代と年齢が上がって行くほど、老化度の差が広がって行きます。


しかし、20代や30代の老化がまだ早い段階でアンチエイジ治療を行っておくと、5年後、10年後の老化度を極めて小さくする事が出来ます。


これが、美容外科で行う老化予防のアンチエイジ治療で、将来の老化の速度を緩やかにするために有効な方法です。



◆ 若返り治療 


老化がある程度進行している段階で目に見えて老化を認識するようになった場合は、具体的な老化症状を改善し、目に見える「若返り」効果を上げることの出来るアンチエイジ治療が必要になります。


予防効果もありますが、それよりも具体的にシミ・シワ・タルミなどの老化症状を改善して若返った効果を実感できる治療が求められます。


これが、美容外科で有る程度年齢高い方に人気の若返り治療です。



◆ 何故、老化が起こるのか 


老化は全ての生物で起こります。医学的には生まれてから死に至るまでの全ての過程を老化と捉えます。


また、老化の原因については完全には解明されていませんが、幾つかの有力な説が発表されています。


それが体の器官の機能低下を招いて老化が起こる。

消耗説体の器官や細胞が、身体内外の環境の悪影響によって、傷付き消耗する事で老化が起こる。

神経内分泌説ホルモンなどの内分泌系の働きが加齢によって悪くなりホルモン産出量が低下する。

遺伝子プログラム説遺伝子に予め老化がプログラムされている。

エラー破綻説DNAを複製する時にエラーが発生して異常な蛋白質が作られ、体の健康が損なわれて老化する。

フリーラジカル説フリーラジカルとは活性酸素のことです。活性酸素が細胞を酸化させて老化が起こる。

テロメラーゼ説DNAの末端を保護しているテロメアと言う物質は、細胞分裂により短くなります。
やがてテロメアが短くなり過ぎると細胞分裂出来なくなり寿命を迎えます。
しかし、生殖細胞とガン細胞はテロメラーゼと言う酵素によってテロメアが再生される為、不死の細胞と言う特性を持っています。
この特性に着目して老化の原因を解き明かそうとする説。