肌のアトピー症状を改善

肌のアトピー症状の改善法は保湿

洗顔が美顔の基本 ←|→ 肌のエイジングケア


肌(皮膚)のアトピー症状を改善する最善の方法は保湿です。

アトピー肌には、基本的に遺伝要因がどこかにあります。


例えば、角質層内で天然保湿因子の元になる蛋白質や、角質細胞間脂質が少ないことです。

そのために皮膚のバリア機能が低くなっています。これが完全に元に戻る事は残念ながら有りません。


ですので何か刺激が加わったりすると、湿疹などの炎症が起きやすくなります。

しかし、スキンケアで保湿してバリア機能を高めて行けば、炎症が起きにくい肌(皮膚)の状態を保つことが可能になります。


たかが保湿と思うかも知れませんが、保湿こそが何よりも重要で効果の出るスキンケアになります。

またアトピーの人はアレルギーを起こしやすいという特徴があります。


大人の場合、アレルギーの原因の多くは、ダニ、埃、カビという、外から皮膚を刺激する物質です。

乳児期の場合には食べ物のアレルギーと言った体の内側からの関与も有りますが、成長するにつれて消化器が発達して、大人になると食物アレルギーの問題はかなり少なくなります。


つまり、大人では外から肌に触れてくるものが問題となるため、バリアを高めるスキンケアを行うことで、皮膚のアレルギー反応はかなり抑えられます。

遺伝的な体質を変える事は非常に難しいのですが、保湿ケアなら簡単に出来て皮膚のアレルギー反応を抑えられます。


アトピーに人で炎症が起きてしまったら


・炎症が起きている場合は塗り薬で炎症を抑える

・炎症は治まった後は、保湿剤で保湿し続ける


この様にして症状が和らいでゆくことで、肌のバリア機能が復活して行きます。

保湿剤を塗って皮膚を保護するスキンケアで炎症まで抑える事ができます。


もうひとつ厄介なのが痒みです。

痒いと引っ掻いて肌を傷付けて炎症を起こす物質が入ってきます。さらに炎症を起こして痒い、だから引っ掻く。と悪循環に陥ります。


アトピーを良くするには、単純に、引っ掻くことを減らせば良い、そうすれば炎症がなくなって良くなって行きます。

肌(皮膚)というのは刺激を加えれば、どんどん炎症を起こして行くものです。ですので、刺激を与えない工夫が必要です。


刺激を与えない最善の方法が保湿です。