肌のエイジングケア

肌のエイジングケア

肌のアトピー症状を改善 ←|


肌にもエイジングがあります。エイジングとは老化の事。美容の世界では、老化に対するケアのことをエイジングケアと言います。

肌のエイジングサインは、シミ、シワ、タルミとされていて、主にこれ等に対するスキンケアがエイジングケアです。


ただし、肌のエイジングは乾燥と紫外線に大きく影響される事が解っているので、これをおろそかには出来ません。

最近は「酸化」が体を錆びさせると言うことが知られてきた事もあり、「酸化防止」「抗酸化」の作用を持つ成分を含んでいるものを、アンチエイジング化粧品というイメージになっています。


が、抗酸化だけでなく抗乾燥と抗紫外線機能も入っていないと、本当の意味でのアンチエイジング化粧品といえます。

皮膚に対する抗酸化作用は研究データが色々出ているのですが、酸化に対するはっきりした防止策は未だ難しい状況です。


ただし、今後「抗酸化」は重要なポイントになって来ると思います。

一部の抗酸化化粧品の売りに「肌の細胞を若々しく」とか「元気に」とか言っているものも有りますが、それは「シワが伸びる」とか「シミが薄くなる」のとは違いますので注意も要ります。


単に細胞が元気になったのでは、例えば、シミを作る細胞までが元気になってしまったら、メラニンを一杯作ってしまい、結果が真逆になってしまいます。

化粧品に関する新情報は続々と出てきますので、飛び付く前に「何をしてくれるもの」なのかを確認する必要が有ります。


肌のエイジングはシミ、シワ、ワルミの事なので、多少なりともそれに対する効果が出ないものはアンチエイジング化粧品とは言えません。

例えば、シミが出来るメカニズムに直接関係している部分に働きかけて、効果を発揮できる成分が入っているならアンチエイジング化粧品と言って良いと思います。


では、具体的に何をどう選ぶかが次の問題となります。

これは、実際に使って見るのが一番解り易いと思います。


自分が気になるエイジングに対応しているものを使って見て「良い変化が実感できる」「良い状態を持続できる」「使うのを止めると何か調子が良く無い」こういう直感も重要だと思います。

サンプルなどで試して購入したらサボらずに使う事が必要だと思います。


もっと重要なのはエイジングに移行する前のエイジングケアです。

エイジングケアと言うと、多くの方は「40代になったら」と考えていると思います。しかし、エイジングが起こってからは治す事は非常に難しいです。


エイジングが起こる前の予防しか無いのです。

例えばシワ。出来始めはうっすらしていると思いますが、徐々に固定されてはっきりと深くなります。


シワは一度できてしまうと、毎日持続してそこに出来るものです。シワとはそういうものです。

そして深く刻まれて行く。10代でも笑ったところにシワは出来ます。「エイジングケアなんて関係無い」と思っているような若い内から予防しないと後々深いシワになります。


シワが刻まれてからアレコレ手を尽くしても、完全に消えることはありません。

しかし、シワが出ない様に肌のハリを保つ事は出来ます。エイジング前のエイジングケアはそういう意味で大変重要になります。


屋外で運動する機会の多い子供でも、将来シミを作らない様に紫外線対策するのが必要です。

大量の日光を浴びているのにサンスクリーンを付けないのは問題だと思います。屋外でスポーツなどの活動をする人は子供であっても紫外線対策をスベキです。



 耳鳴り治療
辛い耳鳴り。あなたに合った治療をして下さい。


 片頭痛を治す
片頭痛は治療が必要な病気です。


 美脚エステを比較
美脚エステを勝手に独断で激辛に比較します。


 痩身エステを比較
痩身エステを辛口比較!エステ痩身で効果的なスリムボディをゲット