美容外科の全国検索


>> 美容外科の全国検索・ガイド

 美容外科を全国検索します。北海道から沖縄までの美容外科を標榜科目とする病院やクリニックを紹介
 美容外科を標榜科目としている大学病院を全国検索して紹介します
 自分がなぜ美容外科に行きたいのか、どの部分をどうしたいか、イメージを明確にしましょう
 美容外科クリニックなどで行う二重マブタ、隆鼻術、脂肪吸引術、アンチエイジ施術、フェイシャルを解説
 フェイシャルは美容外科以外のセルフケアも大切です。丹念に行うUVケアがシミ・タルミを防ぎます

スライドショー表示領域

全国美容外科検索

 北海道
 青森岩手宮城秋田山形福島
 北陸
 新潟|富山|石川|福井
 東京関東
 神奈川|千葉|埼玉 |群馬|栃木|茨城
 中部
 山梨|長野|岐阜|静岡|愛知
 関西
 京都|大阪|兵庫|滋賀|奈良|和歌山
 三重
 中国・四国
 鳥取|島根|岡山|広島|山口
 愛媛|香川|徳島|高知
 九州・沖縄
 福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|
 鹿児島|沖縄




>> 注目の人気コンテンツをチェック

湘南美容外科ムービーコンテンツ セリューション豊胸術

水で脂肪吸引。新しいボディライン作りが新しい痩身術

美容外科の全国検索でおススメの美容外科一覧

湘南美容外科
湘南美容外科
 全国34院規模で展開している総合美容外科
 二重、鼻などの美容整形から美容脱毛までを行う総合美容外科
 不妊治療やインプラント・審美歯科、女性AGA、男性外来(AGA、包茎)も有り
 痩身、アンチエイジの症例が多く、人気度が高い
 無料メール相談・電話相談受付中


湘南美容外科

聖心美容外科
聖心美容外科
 全国9院規模で展開している総合美容外科
 美容外科として初のiso9000(品質)認証取得
 二重整形からアンチエイジまでを総合的に扱う美容外科
 術後のCS調査が特長(顧客満足度:ISOの関連あり)
 無料メール相談・無料カウンセリング実施中
 料金設定は他院より低め


聖心美容外科

THE CLINICのボディジェット
THE CLINICのボディジェット
 水で脂肪吸引。新しいボディライン作りが新しい痩身術
 東京、大阪、福岡の3院で展開中
 二重整形からアンチエイジまでを総合的に扱う美容外科
 二の腕、ボディ、顔などのタルミ除去で人気
 無料メール相談・無料カウンセリング実施中


THE CLINICのボディジェット

池田ゆう子クリニック
池田ゆう子クリニック
 バストとアンチエイジに特化した美容外科
 二重などの整形も一部あり
 脂肪注入法によるバストアップが有名
 最近登場した再生療法、自己多血小板血漿療法(PRP)実施中
 メールカウンセリング実施中
 脂肪注入法によるバストアップは日本一の実績
池田ゆう子クリニック

渋谷美容外科クリニック
渋谷美容外科クリニック
 整形、アンチエイジなどが中心の美容外科クリニック
 東京、横浜で計4院を展開
 医療レーザー脱毛が有名
 料金は全体的に低めに設定されている
 無料メール相談・電話相談受付中
渋谷美容外科クリニック

南青山メディカルエステティック
南青山メディカルエステティック
 レーザや薬品によるアンチエイジが主体で特化している美容外科クリニック
 自己多血小板血漿療法(PRP)も展開
 スキンケアやコスメ感覚の美容医療が特長
 料金は全体的に低めの設定
 無料カウンセリング、メール相談実施中
南青山メディカルエステティック

ABCクリニック美容外科
ABCクリニック美容外科
 全国13院規模で展開している男性専門美容外科
 男性器やワキガ、多汗症治療を中心に展開
 料金は消費税や消耗品込みの総額表示の明瞭会計
 無料メール相談実施中
 学割有り
ABCクリニック美容外科

東京ノーストクリニック
東京ノーストクリニック
 全国30院規模で展開している男性専門最大の美容外科
 レーザー脱毛実施中
 アフターケア無料(全国間で有効)
 無料メール・電話相談実施中
 電話相談は24時間対応
東京ノーストクリニック


>> 注目され出した美容皮膚科(美容皮膚医学)

 美容皮膚科が標榜科目として認可されてから、スキンケア目的で美容皮膚科を受診する女性が増えています。
医療と言う従来の技術をベースに女性を綺麗にする事に特化した医療である事が人気の秘密のようです。
具体的な特長は医療用のドクターズコスメや再生医療をも応用して、シミ・小じわ・肌荒れ・クスミ・肌の若返りを実現できる事が受け入れられている一因の様です。


 ケミカルピーリング
傷が治る経過によって皮膚が再生される事が主な内容なので皮膚医学に基いた施術がなされています。
日本皮膚科学会ではガイドランインを作成して、3つの基本理念をまとめています


 レーザー治療
レーザー機器の進歩によって、メラニン色素を破壊したり、生体組織を活性化させてコラーゲンの新生を促したりして、それまで困難であった肝斑、ちりめんじわ、肌の若返りなど幅広く対応可能になって来ています。


 コラーゲン注入
元々生産量の少ないコラーゲンの有効活用は難しかったのですが、アンチエイジ治療でメスを使わない施術法が開発され、応用範囲が広がり加齢によって生じるシワの改善を得意とし、即効効果がある事などで美容外科施術の中で人気の高いものの1つになっています。


 超音波導入、イオン導入
昔はビタミン類を肌から浸透させる事が出来ないとの根強い考えが有りましたが、研究が進み低分子・高濃度であれば浸透する事が解り、それに伴う美容医療が飛躍的に進歩し、美白医療では欠かせない施術法の1つになっています。


 フォトフェイシャル(IPL)
出力の低いインテンスパルスライトはエステの美容脱毛の専売の様に考えられていましたが、色素沈着・赤ら顔・毛穴の美容外科治療で有効である事が判り、多くの美容外科で活用し出しました。
特に大学病院の美容皮膚科・美容外科で扱っているところが多くあります。


 フォトダイナミックセラピーの登場
薬剤と光による美容医療が確立し、頑固なニキビやアクネ菌の駆除、顔のテカリへの応用が始まっています。


 市販ドクターズコスメの普及・進歩
美容皮膚医学に基いたコスメが開発され、一般の市販品にも安全で効果の高いものが開発・販売される様になってきました。


>> PICK UP

 人にもよりますが、日焼けで赤くなるUV量の1/10で遺伝子が傷付きます。時間に換算すると、たった1〜2分間。これだけでも美肌も台無しのクスミが発生します。メラニン色素が酸化して紫外線を肌から守る為に起こる生体反応です。朝日や西日も油断大敵、斜めからくるUVもあなどる事は出来ませんUVAは厚い空気層も透過して肌を直撃します。サンスクリーンと言うとSPFに目が行きがちですが、UBのA波をガードするPA値が朝日や夕日では重要になります。
そばかすが出来るのは体質なので、予防しないと折角治療しても再発します。
特に波長の短いUVBで悪化すると言われています。UV対策はずっと続けて行く必要があります。
SPFの高い日焼け止めクリームをつけて、さらにファンデーションもします。夏は帽子を被る、日傘を指す、午後2時頃の外出を避けるなど念入りな紫外線対策が必要です。

>> 続きを読む
コラーゲンやエラスチンは紫外線によって破壊されます。その為、UVケアはしっかり行ないます。日焼け止めはSPF10以上でUBA防止効果もあるものを使います。マッサージ用の専用クリームをケたっぷり肌に付けてマッサージする事が効果アップのポイントです。
日焼け止めはSPF10以上でUBA防止効果もあるものを使います。コラーゲンやエラスチンが破壊されてしまったら、その時はもうケアは出来ません。
顔の筋力の低下防止には重力に負けないよう、筋肉で支えることが重要です。無表情だと顔の筋肉は衰えるので、よく笑って、表情豊かに過ごします。
筋肉は加齢とともに衰えるので、若いうちからの心がけが大事です。表情筋を鍛えるために、食事の際によく噛んで表情筋を動かしたり、腹式呼吸で「あいうえお」と数回言うのもおすすめです。
また、マッサージ用の専用クリームをケチらずにたっぷり肌に付けてマッサージする事が効果アップのポイントです。
コラーゲン生成の材料になるタンパク質や、コラーゲンの合成や新陳代謝を促進させるビタミンやミネラルをしっかり摂るといった、即時からのサポートも効果が有ります。

>> 続きを読む
 お風呂上りには消えてくれた乾燥じわも固定化してきたら、加齢によって肌の乾燥が慢性化した印です。先ず化粧水で水分を補給てから、必ず乳液やクリーム、美容液など油分を付けて水分を閉じ込めます。プラチナ・ナノジェル、パルミニン酸レチノール、酢酸レチノールを配合した化粧水が有効。
正しく上手に洗顔も重要。入浴時の洗顔はシャンプー後に鏡を見ながら行う。
強い洗浄力を持つシャンプーやリンスが額や髪の生え際に残ってしまうと肌を刺激します。洗顔やシャンプーで大切なのはすすぎ残しを作らない事です。シャンプー後に鏡を見ながらシャンプーやリンスが顔に残っていないか確認しながら丁寧に洗顔します。
さらにこだわるなら、この洗顔はお風呂から上がって、洗面台の鏡の前でおこなうのが一番。
お風呂場の鏡は小さかったり曇っていたりして顔全体が見えません。洗面台の鏡なら大きくて曇りもない筈です。
お湯の温度は30〜32度のぬるま湯がベスト
ぬるま湯は石鹸の泡立ちを良くし洗浄力を高めます。しかし大抵の人が感じているぬるま湯は実は洗顔には高すぎる温度です。夏だとかなりぬるく感じます。また冬だと冷たくない程度の温度です。

>> 続きを読む
 ニキビが出来易い肌はオイリー肌なので、ベタ付きが気になって1日何回も洗顔したくなりますがそれはNGです。洗顔は朝晩2回で充分です。皮脂膜が落ちると、皮脂膜を補おうとする作用が働き逆に皮脂分泌を過剰にします。・・ファンデーションの色は健康な肌色より黄色めを選びます。
血液やリンパの流れを良くする顔のマッサージがくすみの改善に役立ちます。
熱い蒸しタオルと冷たくしたタオルを交互に顔に当てるタオルパックが顔の血行を促進しむくみを解消します。
軽く絞ったタオルをラップで包み、レンジで 1 分程加熱して蒸しタオルにします。次に氷水などに浸して軽く絞り冷却用のタオルも用意します。
それぞれ交互に顔全体に乗せると、血行が良くなるので継続すると肌のくすみが徐々に解消されます。
ピーリング(血行不良には意味無し)で古い角質を落す目的でおこないます。
刺激の少ないAHA配合石鹸やフルーツ酸が適しています。いずれも市販されています。

>> 続きを読む
 角質層の水分を保持する能力の有る化粧品・・N-メチル-L-セリン、ナイアシンアミド・・美白化粧品が販売されています・・アルブチン、ビタミンC誘導体、エラグ酸尿素入りは絶対に避ける・・尿素入りは絶対に避ける、植物由来のものは避ける、弱酸性のものを選ぶ・・・
サンスクリーン剤の選び方はUVB、UBAの遮断機能品がお奨めです。炎天下でもSPF30〜50、PA++以上なら大丈夫です。
チタンや酸化亜鉛入りサンスクリーン剤は紫外線散乱剤入っているタイプで、肌の弱い方に向いています。

>> 続きを読む
 肌の角質のセラミド、保湿因子が減少して水分保持能力が落ちると、乾燥してカサ付く、部分的にかゆくなる・・。水分保持出来なくなって乾燥するとバリア機能が低下して刺激に弱くなります。目の下にチリメンジワが出来る、化粧くずれを起こす。紫外線に当たる機会が多く、皮膚に軽い炎症が常時おこる事で、凹凸が・・
外部刺激に過敏に反応するタイプでは、化粧品に過剰に反応、顔剃で痒くなる、セーターでチクチクする、など刺激性皮膚炎を起こす人で、パッチテストでも陰性を示すのが特長。
いつもと違うスキンケアをすると一発で反応します。またファンデーションでは問題無いのに、アイメイクをすると目の周りが痒くなったりします。

>> 続きを読む

>> 美容外科の失敗しない選び方

>> 食事のワンポイント

 朝食に取りたい野菜の量:3食のバランスを考えると朝食では100gの量を摂りましょう。


 亜鉛は美容に欠かせない栄養素です。牡蠣に多く含まれていますが、苦手な人はゴマペーストを
  トーストに塗って食べると健康にも美容にも良い朝食になります。


 黄緑色野菜のベータカロテンには抗酸化作用があり、UVに当たって増える活性酸素の働き
  を抑えます。


 野菜を多く摂りたい場合は温野菜がお奨めです。生の数倍を軽く食べることが出来ます。


 ビタミンK・C・Uを多く含むキャベツは美容効果も大。ビタミンCは水溶性で熱に弱い事は考慮して
  下さい。


 ビタミンCの宝庫はジャガイモ。ビタミンCには光による老化をガードする作用が有ります。


 貝類はミネラルが多く美容に最良な食品です。また亜鉛を含むのでニキビ予防効果が有ります。


 パントテン酸と摂りましょう。体内でコエンザイムに変化します。鶏のササミ、カレイ、エリンギ、
  卵、カリフラワーなどに含まれています。

>>> お奨めの美容外科



Copyright(c) 2010〜美容外科の全国検索